ロゴ

目のクマは睡眠不足が原因だけでなく病気の可能性もある?

目のクマの原因について

肌ケア

なぜ目のクマができるのか

目のクマは、血液の流れが悪くなってしまったり、紫外線による影響を受けてできてしまう場合があります。また、他の病気の可能性も考えられますので、睡眠を十分に取っていてもクマがなくならない場合は軽く考えずに病院へ行くこともおすすめします。

病気の影響で目のクマができる場合

病気が影響してできてしまうクマもあります。それは、貧血・低血圧・糖尿病・肝臓病・アトピー性皮膚炎など、さまざまな病気があります。甘党で血糖値が高く、目の下にクマがある場合は、糖尿病になってしまう恐れも考えられますので、注意するようにしましょう。

貧血の方は鉄分を摂取!

貧血や低血圧の方も目のクマができてしまいやすいでしょう。貧血の方は、全身の血液の流れが悪くなってしまい酸素を充分に体に送ることができず、顔色が悪くなってしまいます。また、肌荒れも起こしやすく、爪や髪なども傷んでしまうため、貧血を防ぐためにも鉄分を含んだ食材や、サプリメントを摂取すると良いでしょう。

まとめ

クマは睡眠不足や血行不良が原因でできてしまうことも多いですが、たかがクマとは思はず、生活習慣を正しても消えない、体調が良くならないという場合は、病院で相談することをおすすめします。目の疲れなどが原因の場合は、肩こりや胃痛を起こしてしまうこともあるので注意するようにしましょう。

広告募集中